2020年 1月
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1

月別アーカイブ

Powered by mod LCA

過去のブログはこちら

ゆう動物病院のBlog

混雑・待合情報

 

休診日のご案内

【休診日】

 木曜日 祝日 第1日曜日

 その他日曜日の午後

 

※《診療時間変更のお知らせ》

今年より第1日曜日が休診に変更

 

 【臨時休診】

 

side2 bn201709

初診の方・重傷の方

セカンドオピニオン希望の方

診療終了間際は込み合います。

じっくりお話を伺った上で診療したいのでできるだけ診療終了30分前には受付をお願いします。

診療案内

ペットホテル

求人案内

アニコム

iPet ペット保険

アクサやその他保険も対応しています。

ゆう動物病院

ゆう動物病院 Homeゆう動物病院のブログ症例呼吸困難の猫ちゃん 縦隔リンパ腫 抗がん剤治療

呼吸困難の猫ちゃん 縦隔リンパ腫 抗がん剤治療

こちらは2歳のミックス猫の女の子です。

8月初旬に体調不良で来院されました。

主な症状は、

 

 ①1週間前から食欲が減りだし、ここ数日は全く食べていない

②興奮時などは呼吸が早い時がある

 

 

 

2019 12 20 18.06.32

超音波検査を実施したところ胸部に液体が貯留しているのが見つかりました。そこで局所麻酔下で細めの注射針で刺して検査すると血液様の液体が溜まっていました。(右写真)

2019 12 21 19.49.15

胸部から抜いた液体の一部

 

胸水を抜いた後のレントゲン検査では、胸の中の縦隔というところに腫瘍疑いの病変が見つかりました。(右写真ので囲んだところが病変部)

 

血液検査も実施しました。

胸水の細胞検査の結果、「縦隔型リンパ腫」と診断しました。

 

 

《猫白血病ウイルスとリンパ腫》

縦隔型リンパ腫は猫白血病ウイルス(FeLV)感染率が高く70〜85%と言われています。

このこもFeLV陽性でした。

 

 

 

 2019 12 20 18.09.00肺はレントゲンでは黒く写りますが、この子は白く写っています(で囲んだところが白く写るのが異常)

《 治療》

抗がん剤治療を開始しました。

 

抗がん剤投与後の翌日

自力でお水を飲みだし、チュールも食べだしました。呼吸も改善したとのことです。

 

抗がん剤投与5日目

明らかに元気になってきてるとのこと。食欲も戻り、呼吸状態も正常になったそうです。

 

その後は抗がん剤を継続中です。

レントゲン検査でも腫瘍が小さくなっています。

(右写真ので囲んだところ)

現在は体調も良く、元気いっぱいで食欲もあり調子もいいです。

 

 2019 12 20 18.09.20

で囲んだところ.。白く写っていた腫瘍が小さくなっています。上の写真と比較するとわかりやすいですね

 腫瘍の治療は、手術で切除する腫瘍、抗がん剤治療適用の腫瘍、放射線治療が必要な腫瘍など、腫瘍の種類によって異なります。

腫瘍の種類によっては副作用がきついわりに、効果が弱く飼い主様も動物たちもしんどい場合あります。

当院では、動物の負担を最優先に考え、いくつかの治療を提示して、飼い主様と一緒に相談しながらその子にあった最善の治療を決めています。

今回はリンパ腫は抗がん剤治療が非常によく効いてくれる腫瘍ですので、相談して抗がん剤治療を実施しました。来院時には非常に危険な状態でしたが、幸いにも抗がん剤がよく効いてくれて、抗がん剤治療後数日で元気になってくれて、本当によかったです。