2019年 6月
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6

月別アーカイブ

Powered by mod LCA

過去のブログはこちら

ゆう動物病院のBlog

混雑・待合情報

 

休診日のご案内

【休診日】

 木曜日 祝日

 日曜午後 

 

【臨時休診】

 6/21(金)午後

 side2 bn201709

初診の方・重傷の方

セカンドオピニオン希望の方

診療終了間際は込み合います。

じっくりお話を伺った上で診療したいのでできるだけ診療終了30分前には受付をお願いします。

診療案内

ペットホテル

求人案内

アニコム

iPet ペット保険

アクサやその他保険も対応しています。

ゆう動物病院

症例

椎間板ヘルニア

 ※3月29日金曜は臨時休診日です。ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします

9歳のMダックスの女の子です。

前日は歩き方がフラフラしていたが、本日からほとんど歩かず、後ろ足を引きずっているとのことで来院されました。

両側の後ろ足が麻痺を起こしており力が入らず、腰も痛そうでつらそうでした。

身体検査、神経学的検査、レントゲン検査から椎間板ヘルニアによる麻痺を疑い、皮下注射および入院によるケージレストを実施しました。

スクリーンショット 2019 03 25 20.09.02

両側の後ろ足麻痺の様子

※写真はこの子ではありません。

 

腰の椎間板疾患の重症度分類はグループI(軽傷)〜Ⅳb(重症)に分類されます。

グループⅠ:初めての背部痛、神経症状なし

グループⅡ:痛みの再発、歩行可能な不全麻痺

グループⅢ:歩行不可能な不全麻痺

グループⅣa:両側麻痺、深部痛覚あり

グループⅣb:両側麻痺、深部痛覚消失後48時間以内

グループⅣc:両側麻痺、深部痛覚消失後48時間以上

このこは重症と言われるグループⅣaでした。

 

翌日、幸いにも症状は少し改善し、腰痛は軽減、機嫌よく少し尾を振れるまで回復しましたが、両側後ろ足の麻痺の改善が認められなかったため、CT検査を実施しました。

 

CT検査の結果、第二〜第三腰椎右側からの椎間板ヘルニアハンセン1型と診断されました。

スクリーンショット 2019 03 25 18.51.42

↑  横向きのCT

L2-L3 下から椎間板ヘルニアによる圧迫があります

 

上から見たCT  →

右側(写真では左側)からの椎間板ヘルニアによる圧迫があります

 スクリーンショット 2019 03 25 19.55.10

 

手術後2日目

そこで翌日に椎間板ヘルニアの手術を実施しました。

経過は順調で手術翌日には立てるようになりました。

 

手術後6日目

全く力が入らなかった両足もしっかり立ち上がれるようになりました。

スクリーンショット 2019 03 19 19.25.32

 

スクリーンショット 2019 03 19 19.26.00

 

手術後14日

手術の抜糸を行いました。少しふらつきはありますが、しっかり歩けるまでに改善しました。

 

その後リハビリの通院を続けてもらっていますが、日に日によくなっています。

皮膚病 甲状腺機能低下症 アレルギー

こちらは10歳の柴犬の男の子です。

2年以上前から皮膚病があり、近くの病院で治療していたが、少しづつ進行して全身脱毛になってしまったとのことで来院されました。

皮膚検査と甲状腺ホルモン検査、アレルギー検査(IgE)を実施させていただき、甲状腺低下症、アレルギー(ハウスダスト、雑草(カモガヤ、ハルガヤ、オオアワガエリ、ホソムギ))と診断しました。

スクリーンショット 2019 02 20 13.29.04

治療開始日の様子

全身の脱毛と皮膚の肥厚もひどいです。強い痒みもあり眠れないくらいでした。特に胸から前足のあたりは、まるで像の皮膚のようにあれていました。

外耳炎もひどく、耳の中で化膿していました。

 

わんちゃん自身も痛いらしく、元気も低下していました。

スクリーンショット 2019 02 20 13.27.59

甲状腺ホルモンのお薬と、抗生剤、抗炎症薬、抗真菌剤の内服薬で治療を開始しました。 

 

スクリーンショット 2019 03 04 18.46.15

治療1ヶ月後

かゆみも軽減し、よく眠れるようになりました。

皮膚の肥厚もずいぶんましになり、腰から太もも、肩に発毛がみられました。

スクリーンショット 2019 03 05 13.40.34

その後は定期的な通院を頑張ってもらいました。

飲み薬とシャンプーを続けた結果、少しづつ毛が生え始めました。

今では全身に毛が生えるところまで回復しました。

顔つきもすっかり若返り、今ではツヤツヤでモコモコの毛が生えました。お散歩中に毛並みを褒められるんだそうです!!

 

写真で比べると同じわんちゃんとは思えないですね!!

 

スクリーンショット 2019 02 20 13.30.48

現在 治療中

皮膚が正常になり、毛もしっかり生えそろいました。

甲状腺ホルモンのお薬、抗真菌薬、抗炎症薬は継続中ですが、今後さらに減らし、休薬を目指しています。

スクリーンショット 2019 02 20 13.30.31

前十字靭帯断裂(膝蓋骨内法脱臼)

こちらは6歳のチワワの女の子です。

『ソファーから飛び降りてびっこ引いてる』との主訴で来院されました。

触診とレントゲン検査を実施したところ、膝の前十時靭帯断裂膝蓋骨内法脱臼と診断しました。

※膝蓋骨内法脱臼があると、日頃から負担がかかっているため、併発症として前十字靭帯断裂を起こします。

 

手術を実施し、術後は経過良好、抜糸も終わり、びっこもほとんど引いてないそうです。

 

 

スクリーンショット 2017 03 14 20.15.38

ウサギさん 避妊手術

こちらは生後8ヶ月のウサギちゃんです。

避妊手術を行いました。術後も経過は良好で、先日無事、抜糸を行いました。とっても元気で良かったですね!!

 

 

スクリーンショット 2016 11 27 11.28.18

ハリネズミちゃん 皮膚のダニ感染

ハリネズミちゃんも健康診断オススメしています

 

こちらは生後3ヶ月の女の子です

1ヶ月前から飼い始めているが、何となく体を痒がっているとのことで来院されました。

 

フケもそれほど多くはなかったのですが、特に耳の後ろをよく掻いており、検査を実施するとダニ感染が認められ、治療しました。

飼主様が気になって早めに連れてきて頂けたので、早期発見できました。

 

ハリネズミちゃんは、ダニの感染が比較的多いように思います。それほど症状がなくても、気になるようであればご相談下さい!!

スクリーンショット 2016 11 13 9.26.15

脾臓腫瘍と子宮蓄膿症併発 ヨークシャテリアちゃん

 こちらはヨークシャテリアの女の子です。

数年前に保護された子で、年齢は不詳です。

 

「昨夜から下痢・嘔吐をして、元気が全くない」とのことで来院されました。

 診察時、ぐったりしていて、診察台の上で横たわったまま動きませんでした。かなり重傷でした。

 

触診検査、血液検査、レントゲン検査、エコー検査を実施した結果、以下の4つが原因でしんどくなっていることがわかりました。

①お腹の中に腫瘍がある

②子宮の炎症があり腫れている

③貧血

貧血の数値:Ht 19.4%(正常は35〜45%)

※正常の半分くらいしかありません

④血小板減少(出血を止める細胞が少ない)血小板5千/μl(正常は20万以上)

 

スクリーンショット 2016 10 28 19.11.33

退院後順調に回復し、抜糸を行った時の様子です。

自分で歩き回り、よく食べてとっても元気になりました。初来院時は、立つこともできず横たわり、意識ももうろうとしていました 

 そこで、まず輸血を行い、貧血と血小板減少症を治療しました。その後点滴も行い可能な範囲で体調を整えた後に、お腹の腫瘍摘出+子宮摘出手術を実施することになりました。

手術は無事成功し、お腹の腫瘍は『脾臓の腫瘍(平滑筋肉腫)』、子宮の拡張は『子宮蓄膿症』でした。

 

手術後の入院中にさらに2度輸血し、元気になって無事に退院しました。その後の経過は順調で、先日抜糸も行いました。

 

いろいろ大変でしたが、元気になっ良かったですね!!

 

 輸血のドナー犬を募集中です!!

病気の動物たちの中には輸血することで助けられる命もあります。当院では看板犬ぽんずや、スタッフの愛犬・愛猫たちに協力してもらっています。しかしそれでも足りない時には、輸血ドナー登録頂いている動物や、患者様自身のお知り合いの動物たちにも助けて頂いております。

 

当院では輸血ドナーになっていただける方を随時募集しています。

ご興味のある方は当院スタッフまでお問い合わせ下さい。

IMG 7272

◯で囲んだところが首です。内出血しています。

血小板減少が起きると皮膚の下で内出血することがあります。

原因不明の内出血は要注意です

 

フクロモモンガ 指手術

こちらは生後3ヶ月のフクロモモンガさんです。

「指に髪の毛のようなものが絡まっていたがっている」とのことで来院されました。

 

右手の人差し指の先端が黒く変色していました。よくよく見ると確かに細い髪の毛のようなものが第一関節と第二関節の間あたりに絡まっていました。その結果、指先に血液が行かなくなり、先端の細胞が壊死(ダメになる)してきていました。

 

放っておくと指の先端が腐ってなくなってしまうので、飼主様と相談し、鎮静麻酔をかけて手術になりました。

髪の毛のようなものを除去すると、既に巻き付いていた部分のお肉がなくなり指骨が少し出ていました。断端を丁寧に整え、細い手術用の糸で5針縫いました

 

術後の経過は良好で、先日無事抜糸し、完治しました。

スクリーンショット 2016 10 28 10.58.58

抜糸後の様子です。とっても元気です。

この子は飼主様の娘さんがよく面倒を見ているそうで、今回も娘さんが見つけてくれました。

今回は幸いにも完治しましたが、あと1日発見が遅れていたら、指がなくなっていたかもしてません!!お手柄でしたね!!

 

わんちゃんや猫ちゃんに比べ、フクロモモンガやハムスターなど小さい動物たちは、変化にも気づきにくいものです。よく観察することがとっても大事ですね

 

手術後の様子 右写真→

で囲った部分が手術後の指の様子です。よく見ると、髪の毛より細い縫合糸が見えます。

抜糸時には指の先端の色も正常になりました。

スクリーンショット 2016 10 28 11.00.12

血尿にご注意!!

こちらは7歳のチワワの男の子です。

今年の3月に「半年くらい前から時々血尿していた」とのことで来院されました。

レントゲン検査、超音波検査を実施したところ、膀胱内に結石が認められました。

そこで飼主様と相談の結果、フードを変更して経過を観察することになりました。

 

5月にも1度血尿で来院され。膀胱結石の大きさはは変わりませんでした。

 

スクリーンショット 2016 10 19 13.48.13

 10月になり「おしっこした後にポタポタと血が出る」とのことで来院。

レントゲン検査、超音波検査の結果膀胱結石が大きくなり、その一部が尿道内に詰まっていることで尿道内部を傷つけ、出血が続いていることわかりました。痛そう!!

おしっこも自由に出なくなり、危険な状態であった為、尿道にカテーテルをいれ詰まっていたおしっこを出し、点滴入院としました。飼主様と相談し、先日膀胱と尿道の結石除去手術を行いました。

 

《レントゲン検査》

左側に頭、右側にお尻。左端に心臓が写っています

大きい:膀胱の結石

小さい2つ:尿道内の結石

手術後の経過は良好で、本日無事退院予定です。

スクリーンショット 2016 10 19 13.37.11

 スクリーンショット 2016 10 19 13.45.45

 上のレントゲンを拡大したところ

 

 《摘出した結石》

膀胱結石には様々な種類があり、今後の治療方法も変わってきます。そのためまず結石がどういった成分でできているかを分析に出し、今後の治療方針を飼主様とご相談していこうと思います。

 

重度の血尿は明らかに赤いですが、中度〜軽度の血尿は正常に近い色に見えます。検査紙で検査をすると血尿していることも多いです。

この子の飼主様も、「血尿が出て心配だったけど、数日後には正常な色に戻るので病院に行くべきか悩んだそうです」

こういうお声は結構皆さんお持ちのようです。

当院では、血尿が出た場合は、たとえすぐ止まった様に見えても血尿が続いていることも多い為、早めの動物病院に相談されることをオススメします!!

 

スクリーンショット 2016 10 19 13.46.37

ハリネズミの血尿?

こちらは生後1歳8ヶ月のハリネズミの女の子です。

5ヶ月前にお尻から出血し来院されました。検便検査とレントゲン検査を実施し、異常が認められなかったため、膀胱炎を疑い抗生物質の内服薬で治療を実施したところ、改善しました。

 

その後出血はなかったのですが、2か月前に再び出血しました。前回同様に抗生物質の内服治療を行いましたが、今回は血尿が止まらなかったため、鎮静麻酔をかけて、血液検査、超音波検査、レントゲン検査、触診検査を実施したところ、お腹の中に腫瘤を認めました。

 

子宮疾患による出血を疑い、飼主様と相談の上、手術を実施致しました。手術は成功し、結果はやはり子宮のできもので、病理検査の結果は『子宮内膜肉腫』でした。

 

その後経過は順調で、抜糸も無事終わりました。現在は出血も止まり、元気いっぱいで暮らしています。

 

《ハリネズミの精密検査について》

ハリネズミの子たちは、警戒心が強くすぐに丸まって針をツンツンたててきます。そこで血液検査や、超音波検査には鎮静麻酔が必要になります

 

 

 

スクリーンショット 2016 10 04 19.01.53

術後の経過も順調で、大好きな飼主さんに抱っこしてもらってうれしそう。よく見ると飼主様の手首あたりにかわいいお鼻が見えます。

 

《ハリネズミの卵巣・子宮疾患》

2〜3歳くらいから発症し、女の子は特に子宮疾患では出血が見られることが多いです。

犬アトピー性皮膚炎の新しいお薬

こちらは6歳のパグの女の子です。

ここ2年くらい皮膚が痒く、お薬を使うと楽になるがなくなると痒くなるという症状でした。

 

そこでいつもの痒み止めを犬アトピー性皮膚炎の新しいお薬『アポキル錠』に変更したところ、痒みも落ち着き、調子がいいと、とても喜んで頂きました。

 

皮膚炎はわんちゃんはもちろんですが、痒がっている姿を見る飼主様も心配で眠れないことも多いです。

ご興味のある方は当院までお問い合わせ下さい!!

スクリーンショット 2016 09 11 11.24.09

1 / 3 ページ